メリー苦シミマス。あだめとヨッシーの不愉快なクリスマス。前編

クリスマス

全国のガチ婚(ガチで婚活。これ流行らせたい)仲間の皆さん、こにゃにちはぁぁ!
あだめ33歳だよー!元気してたー?不安定な気持ち押さえて、クリスマス乗り切ったー!?

あだめは乗り切ったよー!
今日も元気に生きてるおー!
褒めて―!
そして乗り切ったみんなも褒めてあげる!!

みんな、良くやった!!

お前らみんな、友達だあああぁぁ!!

いえぁぁあぁぁぁ!!

…なんかさ、いいよね、ちょっとくらい妄想したってさ。
1人じゃないって、思いたいじゃん。
1人だけど1人だって思いたくない、繋がってたい、ってどこかで思っている人がいるって信じたいじゃん。そう信じたら、勇気が湧いてくる気がするの。

・・・で。

クリスマスってさ、婚活してる人にはホント難しい日だよね。 普通の婚活デートとかしにくいじゃん。
「まだよくわからんけどもう一回会おうかな」って思っている人とかっているでしょ、でもそういう人誘うにはちょっと大げさな日っていうかさ。
逆に誘われても過度に期待させてしまうような気がしてさ。いや、ほんとクリスマスって罪作りだわ。

で、結局私はどう過ごしたかと言うと、

ヨッシーという名の年下の女の子と、妙なテンションのクリスマスをしました。
1人より2人、悲しみは2人で半ぶんこってね。

彼女は売れない役者さんで(売れない人ばっか…)、下北沢の小さな舞台に出たりとか、吉祥寺のライブハウスなんかでイベントしてたりします。
彼女、実はかなりの演技派で、私も彼女の才能を妬んだり妬まなかったりなんだけど、どうも運がないと言うか、変な人にばっかり捕まってしまうというか…演技力はあるけど見た目の華が無いことも相まって、なかなか日の目を見れない子です。べ、別に嫉妬してるからそんな風に言ってるわけじゃないからね!

とにかく私はキリストの運命の日の前日にヨッシーに電話をしたわけです。

「よう」
「あらー」
「さいきんどうよ?」
「いつもどおりよー。」
「じゃ、明日の夜ちょっと付き合ってよ」
「うんいいよー」
こんな感じて、あっさりクリスマスの予約を取り付けたのでした。

彼女には一応恋人がいます。
が、その恋人ちょっと変わってて。いやかなり変わってて。
ライブ劇場で知り合った人らしいんだけど、統合失調症(多重人格)の女装家との話です。
十数時間ぶっ続けで上半身裸でアドリブの1人芝居をする何かもう色々とすごすぎる人なんだけど、ヨッシーが彼(彼女?)にクリスマスの予定を聞いたら、
「聖夜にざわつく人がいるから…」
と、お断りされたらしい。自分の中に、って意味ね。
わたしはヨッシーからその話聞いてざわついたけど。でも、そのおかげで私は1人メリクリを回避できたのだから、そのざわつく人に感謝しなきゃいけないね。

でもね、なんかね、正直、ヨッシーとクリスマスを過ごすのは、過ちだったわ。 人生で一番悲惨なクリスマスになったわ。
詳細は次回に続く。

photo credit: Steve took it via photopin cc

婚活に必死な私がNO.1キャバ嬢の口利きで合コンへ行った話の顛末

マー子がどんな男性たちを集めてくれたか知らずに、合コンへと向かった私&売れないモデルのトーコちゃん。
現場のダイニングバーへと到着し、スタッフさんに奥の部屋へと案内されたのでした。

(どんな人達が来てるんだろ…)

私合コン初体験でしたしね、それに、ちょっとずれているマー子の人選ってこともあって、かなり緊張してましたわ。
もうオーディションの直前、控室で順番待ちしてる時位に緊張してましたわ。

「こちらになります」
スタッフさんの声に、私たちは彼女が差指し示す方向に視線を向けたのでした。

そこにいた男性陣は・・・。

デカ(; ゚д゚)!!!!

まずファーストインプレッションとして、デカい。

その一言に尽きました。

三人が三人デカい。
マジでかい。

彼らはこじんまりとした居酒屋の個室に、相当な存在感で佇んでいました。

なんだこのギューギュー感。
…この威圧感をどう表現すれば伝わるんでしょうかね。

清原元選手さんが3人詰めて座っているのを想像してもらえれば、割と近いかもしれません。

予想外の光景に固まっている私とトーコちゃんにかまわずに、マー子は彼らを紹介。

「えーと、向かって左の人が、私の高校の同級生のドナ君ですっ☆」

その言葉を受けて、ドナ君さんが、軽く会釈。

「初めまして―。マー子ちゃんとは部員とマネージャの関係でした。で、こっちが神田、こっちが飯尾君。彼らとは大学のサークル繋がりです」

トーコちゃんが挨拶がてら、

「皆さんは何のサークルでご一緒だったんですか?」 と、笑顔を貼りつかせて尋ねる。

彼らは三人一緒にこう答えました。

「ラグビーです」

成程

なんで揃いも揃ってでっかい人!?という疑問は、この一言で一気に解消しました。

一番小さい(という表現は非常に不釣合いだけども)人でさえ、185cm超えという、驚きのパワフルボディーズ。
多分ウエイト的にも相当と思われました。80kgは軽く超えてそう。

こちとら、全員45kg前後の華奢ボディーズですからね。
彼らが本気出したら、私たちなんてたちどころにポッキポキですよ。

このような感じで、凸凹合コンが始まりましたとさ。

見てくれの割に、結構良い人たちだった清原軍団

清原軍団は、それぞれ30代前半で一般的な企業にお勤めの、一般的な会社員とのことでした。

ドナ君さんも、神田さんも飯尾さんも、全くといって良い程女馴れしてなさげな雰囲気だったけど、皆さん「良い人なんだろうなー」といった雰囲気の方々でした。
場を盛り上げようと一生懸命頑張ってくれてました。

女性陣も、マー子は持ち前のNO.1キャバ嬢スキルをふんだんに発揮して、彼らの提供した話題に上手に乗っかり、トーコちゃんは相変わらずの貼りついた笑顔ながらも、空気を壊さないように彼女なりに努め、私も自分なりに頑張りました。年長女として、一歩引いたところで頑張りました。

みんながみんな、思い思いに接客している感丸出しの、妙な合コンとなりました。

結局ね、良くも悪くもみんな大人な対応をしたために、それぞれがどんな人なのか全然分からないまま終宴を迎えたわけです。
悪い言い方をすると、何も残らない、それぞれがそれぞれに薄っぺらい時間を過ごしてしまったわけです。

なので、男性陣は3人とも体型以外で印象に残った点といえば、「頑張ってくれてた」ってことだけで、それ以上に感じることはなかった。
なんとなくこの人はちょっと内気なのかな、とか、この人は割とリーダー気質なのかなっていう雰囲気的なものは伝わって来たけど、それだけだった。
きっとそれは向こうもそうだと思う。私らが美人だってこと以外、何を知ることもなかったんじゃあなかろうか。

合コンってみんなこんな感じなのかなあ。 数時間複数人が初対面で過ごす間に、何かとっかかりを掴むことって思った以上に難しいなと感じた初合コンでした。

今回の合コンの収穫

解散し、マー子とトーコちゃんと別れた後、後ろから飯尾さんが追いかけて来るという驚きの展開と相成りました。
その迫力にビビりながらも、聞けば乗る電車が同じということで、ホームまでご一緒することに。

別れ間際、 「また会ってほしいです」 と言われたので、 「はい、他の2人も誘いますね、またみんなで飲みましょう」 と言ったら、 「できれば2人で」とまさかの私狙い発言!

20代美女が2人もいたのに、この人は残飯好きか!?

物好きな人だなと思いつつ、でもちょっと有難いとも思いつつ、結局は仕事用の笑顔を浮かべて華麗にスルーしてしまった。

いや、こうして最年長の私に声かけてくれるとかさ、喜ぶべきことなんだろうけどさ。
でも私、自分を何も出せてないしね。私の何を見て、走って追いかける位の気合を持ったのかなーって考えると、やっぱり見てくれだろうなって思ってしまったわけです。

それは私自身の責任だけどさ。彼は何も悪くないんだけどさ。

帰宅後、マー子にお礼メールをした。

「口聞きありがとねん。良い経験させてもらったよー!
集めてくれた人ら、リクエストした普通の人とはちょっとイメージ違ってびっくりしたけど^^;
でも、ほんとありがと、お疲れさん!」

そしたら、以下のように返信が来た。

「お疲れ様でした^^ ありゃりゃ、普通じゃなかったですか><
うーん。姉さん、フツーって、なんですかね。難しいなー@」

『フツーって、なんですかね。』

うん、なんだろな。 確かになんだろな。

何を持ってフツーっていうのかな。

でも、 清原3人組はフツーじゃないと思うな。 no.1キャバ嬢も、売れないモデルもフツーとは言わんかもだが。

マー子ごめんよ。 折角誘ってくれたのに、いちゃもんつけるとか最低だよね。反省した。
けどマー子はあっけらかんとした子なので、そそくさと次なる合コンのセッティングをしてくれたのでした。

「姉さん!次はマジで普通の人集めましたから!」

…期待せず、楽しみにしてます^^

photo credit: Brother O’Mara via photopin cc

美人仲間と婿探しに合コンへ行った話

実はあだめにとって今回の合コンが、初合コンでした。

合コンって、真剣に猛烈に結婚相手が欲しい人にとっては、時間の無駄感が半端ないよね。

「可愛い子orイケメンいればいいなぁ( ̄∇ ̄)」
「彼女or彼氏にしたいような人いればいいなぁo(´∇`*o) 」

みたいな、そこはかとない淡い期待を抱いて参加するような心の余裕はありません。こっちは必死だからね。自称婚活者は、いわゆる効率厨にならざるを得ないんです、何故なら私たちには時間がないから経年劣化的な意味で。
とはいえ今回はですね、女性側でガチ婚(ガチで婚活)している人は私のみでして、他の子達は、そこはかとなく期待ふわふわりんでしたわ。

ここで女性側の参加者を紹介します。

女1:あだめ33歳。私です。
ただ今がっついて婚活中!

女2:トーコちゃん、27歳。
松井玲奈(SKE48)さん似の売れてないモデル。売れてないと言えど腐ってもモデルなのでスタイル抜群。レスキュー隊の彼氏有。性格は漫画に良く出てくるいつもスマイルを崩さない悪役キャラっぽい感じ。

女3:マー子、25歳。
某キャバクラでNO1人気。身長158cm、色白肌、パッチリ二重にふわふわ栗毛。お店のお客さんにブランド物を買ってもらったり海外旅行に連れて行ってもらったり家を借りてもらったり自由に生きている。

今回は、キャバ嬢マー子に声をかけてもらいました。彼女は過去に私が所属していた事務所に当時いた子です。トーコちゃんも、それ繋がりっす。

このような感じで、全員が全員アクが強いキャラクターで且つ3人中1人は彼氏持ち、もう1人はパトロン持ちという、参加男性たちからしたらあんまりな人選でした。(何故彼氏持ちの子に声をかけたのか良くわからないけど、それは私の判断ではないので、あだめを責めないでやってください。)

20代の可愛い子が2人もいるのに、本気で挑んでるのが33歳女だけという…なんてこったい。ていうかあれ、この状態って私にとってもめっちゃ不利じゃね!?ホントなんでこんな人選なんだよ!私に勝たせる(?)気ないでしょ!!

とにかくそんなこんなで、3人で合コン会場(居酒屋)へ向かいました。

実はこの時、かなりドキドキしてましたわ。

合コンが初めてだったってこともあるけど、何よりこの合コンは、キャバ嬢マー子の口利きだったんすよ。

一応マーコに、「姉さん、誘う男性はどんな感じが良いですか?」と聞かれた時に、
「とにかく普通の人でお願いします!マー子のお店でドンペリ頼む人とかじゃなくて、ていうかできればお店繋がりじゃない人だと有難い!」
と言っておいたからそこまでぶっ飛んだ人は来ないだろうと信じていたけど…でも天然入ったマー子のことだから、歌舞伎町のドンとか出して来るかも知れん、そうなったらどうやって逃げようか、チャカや怪しい薬が登場したら、トーコちゃんを連れて逃げるかそれとも一人で一目散に逃げるのか…どうする私私どうすると、真剣に脳内独り会議しながら現場へ向かってました。

そして、現地到着。

現場は思った以上にふつうな感じの落ち着いたダイニングバーでした。

男性陣は先に来ていたようで、奥の個室にてお待ちとの事。

お店の人に案内されて、美人3人、彼らが待つ部屋へと向かったのでした。

そこに待っていた男性は…次回へ続く。

ランキング参加してます。何卒。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
人気ブログランキング

photo credit:http://www.flickr.com/photos/paco_calvino/4201658570/