あだめとヨッシーの不愉快なクリスマス後編。

前回の続きですわ。

あだめは、ヨッシーにクリスマスの約束を取り付けました。
どこで何しよう、ってなったんだけど、どうせ街中に出たって、幸せそうなアベック(死語)ばかりを目にするわけでしょ?
わざわざそんな自傷行為に走ることないよね、じゃ、どっちかの家で過ごそうか、という話になったのでした。

そしたらヨッシーが、
「あだめちゃんー、私ね、クリスマスに見たかったDVDがあるのー」
って言うから(てかこの子は年上且つ先輩の私に「ちゃん付」してくるんだよなー)
「おう、何かね」って聞いたら、
「あれあれ、えっと、坂本龍一さんの音楽が有名な映画ー」
て言うわけですよ。

「あぁ、あのちょっと古めの映画だよね」
「そうそうー」
私も観たことないけど、たしかあれ戦争映画じゃん…
でもまあ、クリスマスだし、何十年かに一回位、クリスマスから戦争と平和を考えるのもいいかなって思って、賛成したのです。あの音楽も好きだったし。

「じゃ、DVD観て、ケーキにローソクさして『きよしこの夜』歌って、食べて、踊って解散って流れだね」
「おういぇー。じゃーあだめちゃんウチ来てよー、DVD借りておくからー」

私の家にはDVDプレイヤーが無いので(PCでは見れるんだけどね)、私がケーキ持参でヨッシーの家にお邪魔することになったのでした。

ささやかな計画ながらもちょっと楽しみになってきた聖夜前日だったのでした。

そしてクリスマス当日

ヨッシーのアパートのベルを鳴らしてドアからヨッシーの顔が出現した瞬間、早くも私は押し寄せる後悔を感じたのでした。

いつもながら華の無いヨッシーの笑顔の背景には、足場無く積みあがった雑多な物々の山…
忘れてた。すっかり忘れてた。 コヤツは「片付けられない女」だった…!!

「ちょっと、人を呼ぶのにこの部屋はないんじゃない!?」
あまりの散らかりっぷりに、第一声から非難してしまう私。
ヨッシーは、
「ごめんごめん~でも、あと5日で大晦日でしょ~?なんか、今片付けるの勿体ないなって思って」
何が勿体ないのかわからないけど、割と寒かったし仕方なく中へ入る私。
冬だからか、匂いがあまりしなかったのが救いでした。随分前になるけど、夏に行った時は酷かった。ハエが5,6匹飛んでたっけな。

ゴミをかき分けながら、こたつまで移動。

で、とりあえずはDVD観るってスケジュールになってたんだけど、
DVDをレンタル袋から取り出しながら彼女が言うわけですよ。

「なんかね~、坂本龍一のやつ、見つからなかったの。でもね、クリスマスに良さげなのあったから、それを借りて来たよ♪」

そう言って取り出したDVDには、「パッション」と書いていました。
これね。

パッション

「キリストの話らしいよ~。クリスマスってキリストの誕生日なんだし、最適だよね!」

レンタルDVDだから、味気ない無色のプラスチックに単色のDVDだったわけなんだけど、それでもなんだか嫌な予感はしていました。

これを、女2人が空元気を振り絞って楽しく過ごそうとしている場で、観て良いのか。本当に良いのか。

私の心配をよそに、ヨッシーは華の無い顔にルンルンとした表情を浮かべて、DVDプレイヤーにそやつを吸い込ませていきました。

女2人のから騒ぎクリスマス会で映画パッションを観た感想

鑑賞を開始して30分後。
早くも全力で後悔している私たちがいました。

ダメでした。

パッション

まじでこれはアカンですわ。

痛い。
痛すぎです。

十字の板に、手足を釘で打ちつけられ、金属製の鞭で殴られる度に血や肉が飛び散る…
鞭がバチーーンッていう度にキリストから剥がれていく血肉がやたらリアルで、俳優さんの叫びも物凄くリアルなのですよ。
目や耳を塞いでしまいたくなるような残酷なシーンを延々見せられる映画でした。

弟子に裏切られ、救おうとしていた民衆からは偽物と罵られ、救いのない状態で最後まで神に民の救済を訴えながら絶命するイエスさん…。

映画が半分も行かない間に、私たちは確信していました。

これは、彼と過ごせない女たちが、街に出ることも出来ず家でひっそりとクリスマスを楽しもうとする時に見る映画ではない、決してそのような時に見る映画ではない、と。

観終わった時、ヨッシーのゴミ屋敷には湿った空気が充満していました。
ヨッシーは無言でDVDを取り出し、プラスチックのケースに収めました。
私はそれを黙って眺めていました。

しばしの沈黙の後、ヨッシーはこう言いました。

「キリストは、12月25日に生まれて、そしてこうやって死んでいったんだね…」
「そうみたいだね…」
「キリストは、生まれて幸せだったのかな…」
「どうだろね…」
「なんで、私たちは、キリストがあんな死に方したのに、こんな風にクリスマスを楽しんでるのかな…」
「……」

それはね、ヨッシー、日本の企業も社員を養わないとならないからね、イベントに乗じてお金を使ってもらうことに一生懸命だからだと思うよ。
そう思ったけど、声に出来ない私がいました。

私は変わりに出来るだけ明るい声で、

「とりあえずさ、折角ケーキを買ってきたんだし、食べようよ」

と言いました。

「あ、ローソク用意しとしたから、使って」 そう言って彼女が取り出したのは、

ローソク

こんな感じのローソクでした。

「なんかね、可愛いの探したけど、無かったの」

ある意味最適なローソクすぎてもはや突っ込む気も起きない…。

仏壇用のローソクをケーキに差して、電気を消して、ぼそぼそと「きよしこの夜」を歌う私たち…

もうさ、通夜だよね。

誕生日っていうかさ、
キリストの通夜ですよ。

汚部屋が荒んだ墓を連想させます。

映画の中で飛び散ったキリストの血肉が頭をちらつく中、私とヨッシーは言葉少なにホールケーキを頬張ったのでした。

そうして踊ることなく、じめじめとしたクリスマス会は幕を閉じたのでした。

ランキング参加してます。何卒。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
人気ブログランキング

photo credit: Nick-K (Nikos Koutoulas) via photopin cc

そういえば、ブログランキングから色々婚活ブログ読んでたら、読み応えのある婚活指南サイト見つけた。

婚活支援さかなのブログ

来年はもうヨッシーとクリスマするのはご遠慮願いたいし、ちょくちょく取り入れて短期婚活頑張る。マジで。

メリー苦シミマス。あだめとヨッシーの不愉快なクリスマス。前編

クリスマス

全国のガチ婚(ガチで婚活。これ流行らせたい)仲間の皆さん、こにゃにちはぁぁ!
あだめ33歳だよー!元気してたー?不安定な気持ち押さえて、クリスマス乗り切ったー!?

あだめは乗り切ったよー!
今日も元気に生きてるおー!
褒めて―!
そして乗り切ったみんなも褒めてあげる!!

みんな、良くやった!!

お前らみんな、友達だあああぁぁ!!

いえぁぁあぁぁぁ!!

…なんかさ、いいよね、ちょっとくらい妄想したってさ。
1人じゃないって、思いたいじゃん。
1人だけど1人だって思いたくない、繋がってたい、ってどこかで思っている人がいるって信じたいじゃん。そう信じたら、勇気が湧いてくる気がするの。

・・・で。

クリスマスってさ、婚活してる人にはホント難しい日だよね。 普通の婚活デートとかしにくいじゃん。
「まだよくわからんけどもう一回会おうかな」って思っている人とかっているでしょ、でもそういう人誘うにはちょっと大げさな日っていうかさ。
逆に誘われても過度に期待させてしまうような気がしてさ。いや、ほんとクリスマスって罪作りだわ。

で、結局私はどう過ごしたかと言うと、

ヨッシーという名の年下の女の子と、妙なテンションのクリスマスをしました。
1人より2人、悲しみは2人で半ぶんこってね。

彼女は売れない役者さんで(売れない人ばっか…)、下北沢の小さな舞台に出たりとか、吉祥寺のライブハウスなんかでイベントしてたりします。
彼女、実はかなりの演技派で、私も彼女の才能を妬んだり妬まなかったりなんだけど、どうも運がないと言うか、変な人にばっかり捕まってしまうというか…演技力はあるけど見た目の華が無いことも相まって、なかなか日の目を見れない子です。べ、別に嫉妬してるからそんな風に言ってるわけじゃないからね!

とにかく私はキリストの運命の日の前日にヨッシーに電話をしたわけです。

「よう」
「あらー」
「さいきんどうよ?」
「いつもどおりよー。」
「じゃ、明日の夜ちょっと付き合ってよ」
「うんいいよー」
こんな感じて、あっさりクリスマスの予約を取り付けたのでした。

彼女には一応恋人がいます。
が、その恋人ちょっと変わってて。いやかなり変わってて。
ライブ劇場で知り合った人らしいんだけど、統合失調症(多重人格)の女装家との話です。
十数時間ぶっ続けで上半身裸でアドリブの1人芝居をする何かもう色々とすごすぎる人なんだけど、ヨッシーが彼(彼女?)にクリスマスの予定を聞いたら、
「聖夜にざわつく人がいるから…」
と、お断りされたらしい。自分の中に、って意味ね。
わたしはヨッシーからその話聞いてざわついたけど。でも、そのおかげで私は1人メリクリを回避できたのだから、そのざわつく人に感謝しなきゃいけないね。

でもね、なんかね、正直、ヨッシーとクリスマスを過ごすのは、過ちだったわ。 人生で一番悲惨なクリスマスになったわ。
詳細は次回に続く。

photo credit: Steve took it via photopin cc